アカシックリーディング(仕事・職場編)


仕事や職場で悩まれている方

  • 他では雇ってもらえないから、我慢して働いている。
  • 生活のために、興味のないやりたくない仕事をしている。
  • 通勤時間や満員電車が耐えられない。
  • パワハラ・セクハラを受けているけれど、言えない。
  • 仕事を押し付けられる、残業を断れない。
  • ノルマや評価が常に心配で頭から離れない。 


人生の大半を占める仕事

 私たちは一日の約1/3を職場で過ごしています。通勤時間や残業を含めると一日の半分以上もの時間を家族ではない、いわゆる他人と過ごしているという事実に気づいていましたか?

 

 そして、私たちは人生の約1/3の時間を「仕事」に費やしているのです。いっけん好きな仕事をしているように見える自営業の方も、好きだったはずの仕事がご自身を苦しめる原因となってしまっていることが多いのも事実。 

 

 その一方で、自分の好きなこと、時間を忘れて没頭できることを仕事にされ、豊かに暮らしている方もいます。ただ「楽しいから」と続けていたものが、いつのまにか豊かを引き寄せていたという真実。この違とは、いったい何なのでしょうか。



「楽しい」と感じられるものを選ぶ自由とその勇気

  • なぜ他者にあなたが理不尽に評価されることを許すのでしょうか?
  • なぜまったく興味を持てないことに、あなたの大切な時間を費やすのでしょうか?
  • なぜ下げたくもない頭を下げ、言いたくもないお世辞を言って自分を欺くのでしょうか?

 

 「そうしないと生きていけない」「社会とはそういうもの」「みんなそうしているから」というなんとなくの社会通念や常識、これが普通という当たり障りのないものを選んできたからでしょう。

 

 

 残りの人生を「ただ生き延びるだけの人生」として過ごしても、そうやって自分自身に嘘をつき続けても、あなたは本当に後悔しないのでしょうか?この肉体を持っての人生は一度きり。それならば、「本当にやりたい事をやりたい人とやりたい時にする」そんな人生を選んでみてもよいのではありませんか?


アカシックリーディングで過去生から読み取るあなたの適職・天職

 今生やるべきことを自分で決めてきた私たちは、本当は何をやりたいのか知っています。でも膨大な量の情報に囲まれながら多忙な毎日を過ごす私たちは翻弄され、自分を見失っています。

 

 もしあなたが今、自分に何が向いているのか分からないならば、アカシックレコードから過去生で活躍されていた分野を見ることで適職が分かります。

 

 もしあなたが、「もう自分に嘘をつきたくない」というご自身の心の叫びを聞いたなら、一緒に本当のあなたを取り戻していきましょう。ご自身を自由に表現できるように、勇気をだして変容の第一歩を踏み出してみませんか?